CALLIPEGの使い方

保存&バックアップ

Callipegは自動的に作業中のカットを30秒ごとに保存します。また、スタジオに戻れば、カットが保存されます。カットが本当に保存されたかことに自信がない場合はアプリを閉じる前に一度スタジオに戻ってください。

バックアップが自動的に作成されます。バックアップはこのiPad内、Callipegフォルダー、バックアップフォルダーに保存されます。

設定一般設定タブからバックアップの最大数頻度を設定することができます。バックアップファイルは.PEGフォーマットになります。

バックアップの数を減らしても、バックアップフォルダに既にあるバックアップを削除しません。

カットの前のバージョンの読み込みはスタジオからできます:「読み込み」にタップして、このiPad内>Callipeg>Backupsフォルダーに入って、カット名のフォルダーをお探しください。その中にバージョンをタップで選んで、読み込むこともできます。

手動でお好みの場所にカットを保存したい場合は、Callipeg(.PEG)ファイルとして書き出しする必要があります。

これを行うには、[設定]、[エクスポートに行き、輸出の種類や形式Callipeg、タップとして配列を選択し、場所を選択します。

手動でお好みの場所にカットを保存したい場合は、Callipeg(.PEG)ファイルとして書き出しする必要があります。

これを行うには、[設定]、[エクスポートに行き、輸出の種類や形式Callipeg、タップとして配列を選択し、場所を選択します。

また、スタジオからカットを書き出し・保存することができます。カット上に右左方向スワイプして、オプションメニューが開きます。書き出しボタンにタップして、保存する場所をお選びください。

インターフェイス設定がスタジオに戻れば、保存されます。インターフェース設定がこのiPad内>Callipegフォルダ>Settingsにあります。

インターフェイス設定がスタジオに戻れば、保存されます。インターフェース設定がこのiPad内>Callipegフォルダ>Settingsにあります。そのファイルを削除すれば、インターフェース設定をデフォールトに戻します。

そのファイルを削除すれば、インターフェース設定をデフォールトに戻します。

CallipegはiPadのストレージにスペースがかかります。アプリのキャッシュをクリアーすれば、アプリがかかるストレージスペースを減少することができます。 キャッシュをクリアーするため、設定>一般設定>「キャッシュをクリアー」ボタンを押してください。

注意:キャッシュをクリアーすれば、取消し履歴の全ての操作が削除されます!

キャッシュをクリアしてもCallipegがストレージスペースを取りすぎることと今でも考えれば、スタジオにカット数が多すぎること、もしくはこのiPad内にバックアップファイルが多すぎることが原因です。対策方法として、要らないファイルを削除して、バックアップ数を設定に減らして、エキストラバックアップを削除してみてください。

作業が終わってからカットを.pegファイルに書き出しして、Callipegフォルダー以外の場所(このiPad内、クラウド、外付けハードディスクなど)に保存してください。.pegファイルのタイプはアーカイブファイルですので、スタジオに表示されるファイルのサイズよりも明らかに小さいです。

お問合せ