CALLIPEGの使い方

ブラシ

Callipegには手描きに使われているツールと近いブラシがデフォルトに実装されています。アプリとデフォルトのブラシの使用で慣れましたら、ブラシの設定をいじって、自分のブラシを作成できるようになります。

左側のサイドバーからブラシサイズと不透明度を調整することができます。丸アイコンに上下方向にドラグすれば、ピクセルまたはパーセンテージを調整することができます。または一本指で丸アイコンを押しながら、ペンシルをキャンパスにタップすれば、その位置に丸HUDが出ます。そのHUDをペンシルで上下方向にドラグすれば、サイズや不透明度を変更することができます。
丸アイコンにダブルタップすれば、数字入力に入ります。

デフォルトでいくつもブラシがブラシパネルに登録されています。

ブラシの選択はブラシ自体に一回タップすればできます。ブラシ自体にダッブルタップすれば、ブラシ設定に入ります。
ブラシ自体に右左方向にスワイプすれば、メニュが開きます。そこから、ブラシの複製または削除ができます。

デフォルトでいくつもブラシがブラシパネルに登録されています。

ブラシの選択はブラシ自体に一回タップすればできます。ブラシ自体にダッブルタップすれば、ブラシ設定に入ります。
ブラシ自体に右左方向にスワイプすれば、メニュが開きます。そこから、ブラシの複製または削除ができます。

ブラシ設定のトップにはブラシプレビューがあります。設定を変えれば、ブラシプレビューが更新されます。設定を変えるため、スライダーを調整してください。また、数字にダブルタップすれば、入力ができます。

手ブレ補正はペンストロックの揺れを調整できる設定です。数字を高めると、線の形が補正されます。

手ブレ補正はペンストロックの揺れを調整できる設定です。数字を高めると、線の形が補正されます。

間隔は各筆端の中にあるスペースを調整できる設定です。基本的に10%以下に設定することをご遠慮ください。パフォーマンスに悪影響があります。

間隔は各筆端の中にあるスペースを調整できる設定です。基本的に10%以下に設定することをご遠慮ください。パフォーマンスに悪影響があります。

色混ざりを有効にすれば、キャンバスにある色を現在の色と混ぜることができます。

色混ざり設定が有効さらた状態で、別の設定が現れます:

色補充は現在の色をキャンバスにある色をいつも補充して、混ぜます。色補充が無効である状態で描けば、現在の色がペンストロックごとに使用され、キャンバスにある色と混ぜれば、その色になったと見えます。

色補充は現在の色をキャンバスにある色をいつも補充して、混ぜます。色補充が無効である状態で描けば、現在の色がペンストロックごとに使用され、キャンバスにある色と混ぜれば、その色になったと見えます。

ウェットブラシは現在の色のピクセルを足しながら、キャンバスにあるピクセルを透明度と一緒に混ぜます。現在の色と既存のピクセルの色とアルファを混ぜます。

下地混色が有効であれば、キャンバスにあるで色で描けられます。

重ねきが有効であれば、既存のピクセルに描けば、足していたピクセルがその上に重ねます。無効である状態で描けば、既存のピクセルが足していたピクセルと溶け込ます。低い不透明度のブラシだけに効果が出ます。
不透明度が筆圧に反応する設定が有効であれば、重ね書きを使うことができません。

重ねきが有効であれば、既存のピクセルに描けば、足していたピクセルがその上に重ねます。無効である状態で描けば、既存のピクセルが足していたピクセルと溶け込ます。低い不透明度のブラシだけに効果が出ます。
不透明度が筆圧に反応する設定が有効であれば、重ね書きを使うことができません。

筆圧がサイズに反応する設定が有効であれば、ブラシサイズがペンシルの筆圧に反応します。ペンシルに力を入れれば、サイズが大きくなります。
スライダーに二つのハンドルを調整することができます。筆圧がサイズに反応する設定が有効であれば、ブラシサイズがペンシルの筆圧に反応します。ペンシルに力を入れれば、サイズが大きくなります。
筆圧に応じて0はブラシの最小のサイズ、100はブラシの最大のサイズと現れます。
指またはApple Pencil以外のペンシルを使えば、この設定を調整しても反応しません。

筆圧が不透明度に反応する設定が有効であれば、ブラシの不透明度がペンシルの筆圧に反応します。ペンシルに力を入れれば、不透明度が高くなります。
スライダーに二つのハンドルを調整することができます。
筆圧に応じて0は透明度、100は100%の不透明度と現れます。
指またはApple Pencil以外のペンシルを使えば、この設定を調整しても反応しません。

筆端はブラシの形となります。筆端にタップして、プラスボタンを押して、筆端を追加することができます。
筆端が一つ以上あれば、筆端にタップして、削除することができます。
自分の筆端を作ることができます。そのため、四角なフォーマットと白黒で描くことをお勧めします。
繰り返し設定で筆端の書き順番を設定することができます。ランダムまたは直線的の中から選べます。
ピクセルベースではないブラシ(Round Opacity, Pencil HB, Pencil, Brush)の筆端を編集することができません。

テクスチャーはグレイスケール、白黒の画像です。その色だけがブラシの対象となります。
アルファのしきい値を調整すると、どれぐらい筆圧をかけることに応じてテクスチャーの詳細が見えることを設定することができます。テクスチャーの黒いピクセルが最大の不透明度と現れます。逆に白いピクセルが不透明度の最小数と現れます。テクスチャープレビューの下にある「テクスチャー」にタップすれば、写真、アルバムまたはブラウザーからテクスチャーを読み込むことができます。

お問合せ