Callipegの使い方

インターフェース

 

新規カットの作成する時または既存のカットを開いたら、最初表示されたのはメインインターフェースになります。そこで、イラストとアニメーションを書くことができます。

各機能アイコンの並び方はとっても簡潔で、デザインもiPadのエルゴノミックを十分に考えておりました。

インターフェースには4つの部分があります:トップバー、キャンバス、サイドバーとタイムラインになります。

トップバー一番左上のアイコンにタップすると、スタジオに戻られます。

ご注意:スタジオに戻ると取消し・やり直しの履歴が全て削除されます!

CallipegはApple Pencilと組み合わせて使用する制作アプリなので、右利きのユーザーにとって画面の右にあるツールがPencilで操作ができます。それはデフォールト設定として、画面の左側にあるツールが指での操作できます。逆に、左利きのユーザーにとって、インターフェースを左利き専用インターフェースに変更することも可能です。 設定を変更すること、画面の左にあるツールがPencilで操作ができて、画面の右側にあるツールが指での操作できます。

指を使いたくない場合は、全ての操作がPencilで完成できます。

トップバー左上の2番目のアイコンをクリックすると、設定パネルが開きます。

左利きインターフェースに変更する時、設定パネルに一般タブを開いて、スウィッチボタンで左利きを選択してください。

キャンバスタブを開くて、背景色を設定することができます。右にあるカラードットにタップして、カラーウィルが開きます。そこで色を選択することができます。

同じように、動画用紙の色を変更することができます。

こちらのアイコンにタップすると、タイムラインの表示・非表示ができます。タイムラインが画面の底にあります。

アニメーションの再生・中止ボタンです。

ブラシアイコンにタップすると、描きモードに入ります。もう一度ブラシアイコンにタップすると、ブラシ設定パネルが開きます。そこで、他のブラシに変えることとブラシの設定を調整することができます。

消しゴムアイコンにタップすると、描きを消すことができます。もう一度タップすると、消しゴム設定パネルが開きます。そこから、他の消しゴムに変えることと消しゴムの設定を調整することができます。

こちらは選択・変形アイコンです。そこにタップすれば、選択・変形を調整することができます。

こちらはピッカーのアイコンです。そこにタップして、キャンパスの上に移動すれば、色を選択することができます。選択された色で描く・塗ることができます。

トップバーの右上にあるカラードットにタップすれば、色設定パネルが開きます。

色設定パネルに関して詳しい内容はこちらへ

サイドバーが選択されたツールに応じて内容が違います。

ブラシ・消しゴムツールを選択すると、サイドバーにはツールサイズと不透明を調整できるボタンが表示されています。

選択・変形ツールがを選択すると、サイドバーには選択と変形ボタンが表示されています。そこで、選択モードと変形モードの選択することができます。

選択・変形に関して詳しい内容はこちらへ

タイムラインはインターフェースの一番底側にあります。 タイムラインの左側にはレイヤーを管理することができます。右側には画像と動画用紙の設定することができます。
 
 
書きキャンバスはインターフェースの真ん中にあります。そこでApple Pencilで直接にイラストとアニメーションを描けます。他のジェスチャーとタッチ操作はジェスチャー セクションに説明します。

お問合せ

このウェブサイトは、パーソナライズされたブラウズ体験およびウェブサイト閲覧に必要な機能性のため、cookies を使用しています。 当サイトを利用することで、プライバシーポリシーに記載されている cookies の使用に同意したものとみなされます。