よくある質問

よくある質問とその答え

CallipegはiPadOS 13環境で開発・テストされました。なので、iPadOS 13以上の環境でご利用頂けます。CallipegはiPhoneにご利用になりません。

アクセスを購入した時のApple IDをiPadに使用しているかどうかをご確認ください。

購入プランのオプション画面が表示されたら、「ご購入を復元する」にタップして、購入したプランの状態をチェックします。

Callipegのアップデートを確認するために、AppStoreに入って、右上にあるアカウントアイコンにタップしてアカウント設定にアクセスしてください。その中に、「購入済み」または「サブスクリプション」のリストにCallipegを探してください。アプリのアイコンの隣にもし「開く」ボタンが表示されば、最新版がすでにインストールされていると現れます。逆に「アップデート」ボタンが表示されば、最新版に更新することか可能です。

Callipegを7日間に無料お試しができます。無料お試し期間が終わってから、利用期間によって販売価格が違います:月間0.99€、年間9.99€と買い切り49.99€がかかります(地域による通貨で、価格の表示に差があります)。CallipegはApp内課金を使っていますので、ご購入はアプリをダウンロードして、開いてから頂けます(AppStoreのページから直接でありません)。アプリを起動したら、サブスクリプションプランまた買い切りプランの中に選択ができます。ご購入を頂けるようにApple アカウント情報の入力が必要です。これでCallipegはお客様のApp Storeに登録されています。アプリ内で購入を頂いても、請求はApple経由で行います。

お試し期間が過ぎましたら、課金されません。アプリを使用することを続けるために、3つのプランの中に一つの購入を頂けます。一方で、アプリがお客様のニーズに満たさなければ、アンインストールしても構いません。

Callipegのサブスクリプションプランを確認するために、AppStoreに入って、右上にあるアカウントアイコンにタップしてアカウント設定にアクセスしてください。その中に、「サブスクリプション」のリストにCallipegを探して、サブスクリプションの更新期間の確認ができます。アプリのアイコンの隣に「キャンセル」ボタンをタップしたら、解約ができます。(例えば、月間から買い切りプランに変更したい場合)必ず元のプランを解約して、元のプランの有効期限が過ぎてから変更ができます。有効期限が過ぎてからアプリを起動して、プランの選択メニューがまた表示されます。

こちらのページ https://callipeg.com/ja/使い方/ から説明マニュアルとチュートリアルビデオございます。マニュアルは英語・フランス語・日本語・中国語(簡体字)でご覧になります。

CallipegでApple Pencil(第1と第2世代)だけをご利用になれます。

Callipegは英語、フランス語、日本語と中国語(簡体字)で使えます。iPadの言語設定に応じて自動的に適用します。iPadの設定から言語を変更することができます。

アニメーションファイルの中には画像量が多くて、大きいストレージスペースがかかります。カットを開く時のローディング時間を改善するため、スタジオ内には画像データを圧縮しません。

ストレージスペースに空きを作るため、使わないカットをpegファイルに書き出しして、スタジオから削除することをお勧めします。pegファイルは圧縮アーカイブフォーマットであるので、重くないです。またそのカット使おうとしたら、pegファイルをスタジオから読み込めます。

Callipegは各30秒ごとにカットを自動的に保存します。または、スタジオに戻ると、カットを保存します。デフォルトでカットのバックアップ(.peg形式)を各30分ごとに作成します。バックアップはこのIPad内>Callipeg>Backupsフォルダーにあります。バックアップの保存期間と数を一般設定から設定することができます。ファイルの消滅を防ぐため、pegファイルを別場所(iPad或いはクラウドサービス)に保存することをお勧めします。Callipegをアンインストールする場合はiOSがCallipegフォルダーを削除し、全てのサブフォルダー(バックアップ、ログ、設定ファイル)が紛失されます。データを保護するため、Callipegをインストールする前に必ずデータを「このiPad内」の別の場所に移動してください。

カットサイズをピクセルで設定することができます。例えば、1920×1080、2k、4kなど。iPadのストレージスペースとプロセッサーによってアプリのパフォーマンスが変わります。1920×1080のサイズで作業することをお勧めします。

カットにある枚数だけが制限されます。枚数上限を達するまでにレイヤーを何枚でも追加することができます。iPadのストレージが枚数の制限と関わっています。画像一枚の重さがカットのサイズ(幅・縦)かける4ビットで計算することができます。ストレージスペースによる可能な枚数の計算のやり方を紹介します:「残りのストレージスペース」/「カットの幅x縦x4ビット」/3=Callipegの枚数上限。この計算には取り消し・バックアップがかかるスペースが含めらていませんので、取り消し操作の数が多いか、バックアップの頻度・数が多ければ、枚数上限に影響があります。計算した数字は参考としてお使いください。例えば、iPadには50Gbのストレージをご利用になります。カットサイズが1920×1080となります。これで、枚数上限は(50 000 000 000 / (1920x1080x4))/3= 2009枚を作ることができます。タイムラインのナビゲーションまたは描きのパフォーマンスはiPadのプロセッサーとRAMによって違います。

いくつの形式を対応します: ‐peg形式(Callipegのフォーマット)
‐mp4形式
‐HEVC形式、アルファあり、なしも対応 
‐gif形式 
‐png形式(シークエンスまたは画像一枚)で書き出しすることができます。または、png形式の場合、タイムライン構造の書き出しオプションがあります(レイヤーがフォルダーになって、フレームまたは動画用紙の書き出しを選択することができます)。

スタジオにある「読み込み」ボタンにタップすればpegファイル、画像、ビデオ、音声ファイルの読み込みができます。また、カットの中に動画用紙のアクションパネルからまたはドラッグドロップでpngとjpeg画像の読み込みができます。ビデオレイヤーと音声レイヤーの読み込みボタンからビデオと音声ファイルの読み込みができます。

不具合またはバッグ報告はお問い合わせフォームに通じてご連絡ください。

学校又は組織がApple School ManagerのアカウントにカスタムAppを有効にすれば、購入できます。こちらの承認リストに追加できるように組織IDを提供して頂けることが必要です。

Apple School ManagerにカスタムAppを有効にする方法はこちらのユーザーガイドをに説明されています。ご自由にご覧ください。

開発のため、アニメーション業界のプロの相談を頂いております。これからもしもっと多くの皆様のお力が必要になったら、SNSにお知らせします。

不具合が発生して、どうしても解決されなければ、遠慮せずにお問い合わせください。

推定動画用紙数

機能リクエスト

学校法人購入

Apple School Managerでのコンテンツの購入のやり方に関して、こちらのユーザーガイドをご覧ください。

その他

テクニカルサポート

パートナーシップ

お問い合わせありがとうございます

メッセージが送信されました
近日中に改めてご連絡させていただきます